10代でシングルマザーになった苦労と喜び

私の友人に学生の時に妊娠して、今、シングルマザーをしている友人がいます。
相手は遠距離恋愛中の同じ年の人だったらしいです。子供ムダ毛
彼女は妊娠したことを彼に電話で伝えたのですが、その後一切連絡をしても繋がらなかったそうです。
彼女は家族にも反対されましたが、学校をやめて、一人で産むことを決意しました。
そんな彼女の気持ちを理解し、最初は反対していた両親も、彼女を支えてくれたそうです。
彼女は妊娠中に彼に会いに行こうと思い、彼のアパートを訪ねたのですが、もう引越してしまっていたそうで、結局会えないまま、彼女は一人で女の子を出産しました。その時は、子どもが産まれた喜びよりも、まだ彼女は10代だったので、これからどうやって生きていこうという不安がなによりも大きかったそうです。
3. 文章を作成下さい。
女の子が産まれてからも、彼とは一切連絡がとれず、彼女は彼女の両親に協力してもらいながら子どもを育てました。
しかし、子どもが一歳を過ぎるまで毎日ずっと不安だったと言っていました。
しかし、段々と不安よりも、娘の成長を嬉しく思うようになったそうです。
子どもが保育園に通うようになってから、彼女は再び学校に通い、子育てと勉学を両立しています。
一人で子どもを産み、この先のどうなるのかという不安に苦しんでいた彼女は、今では家族の支えや、子どもの成長、そして再び学校に通える喜びを感じているそうです。
十代でシングルマザーになった苦労や、その気持ちは体験しなければ分からない苦しいものであったと思いますが、今の彼女を見ていると、とても輝いているので、子どもを産まなければ分からない喜びもあるんだと感じました。